寄附案内

文化政策まちづくり大学院大学設立に向けた寄付のお願い

 

 本構想・企画のきっかけは、私どもが日本各地の文化によるまちづくりや、企業の地域貢献、文化政策の展開に接する中で、経済的価値の開発にも貢献しうる、極めて質の高い文化的蓄積を発見したことにあります。
 そのなかには、古代の産業・都市遺産から現代企業が継承すべき地場産業技術、工芸デザイン、防災や健康の伝統的ノウハウ、建築やまちなみの文化史に至るまで、科学の進歩や現代技術の開発にとって不可欠なもの、現代芸術の創造にとってかけがえのないものなどがございます。
 そして、これらの高い文化的価値や、経済的な潜在力の存在にもかかわらず、企業や地域の文化は、その固有のよさ、歴史などが、研究されておらず、存在や価値が評価されず、教育にも活用されず、したがって、世の中に出ておりません。
 これらは日本社会の各地・各企業における厳しい現実であります。
 私どもは、各地・各企業固有の文化資源を最新の情報通信ネットワークで結合する「文化政策・まちづくり大学院大学」を創設し、これらの貴重な価値を評価して研究しつつ、文化的開発の成果を記録し、分かり易く、また、芸術的に表現して、自分たちと次世代への教材とし、それらによって社会人教育やリタイアメント・プログラムを担い、次世代を教育する構想を提起いたしました。
 この構想の第一歩は、各地における主要企業の文化的営みや地域固有の資源を活かしたまちづくりのコンテンツ、とりわけ、高度な学術的内容を優れた芸術的表現に高めるコンテンツ(静止画・動画・文字・音声など)を開発し、これらを教材として現代のまちづくりや次世代を担う教育に役立て、卓越したコーディネーターを持続的に育成することです。
 かかる構想や企画の実現には、多数の各位のボランティア活動と、多額のご寄付を必要と致します。本企画の、日本各地における知的財産形成促進や、都市・地域活性化に資する貢献度の重要性に鑑みまして、何卒、ご理解、ご協力、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

文化政策・まちづくり大学院大学設立発起人代表
京都大学名誉教授  池上博

 

 

寄附申し込み手続き手順(個人様)

 

1. 寄附申込書を記入して、送付する

(1) 申し込み日を記入する(元号がついておりますので、ご注意下さい)
(2) 「氏名」を記入し捺印する
(3) 「住所」を県名から記入する
(4) 寄附企額を記入する(金     円也) ※円マーク(¥)は不要です
(5) 寄附(金払込)期日を記入する(予定日でかまいませんので、必ずご配入下さい)
(6) 申込書のコピーを1部とり手元に控えとして保存する
(7) 申込書の原本を、文化政策・まちづくり大学院大学設立準備室へ送付する
送付先は〒600-8433
京都市下京区高辻通室町西入る繁昌町290番地 旧成徳中学校2階

※訂正が必要となる場合には、修正液等は使用せず、
修正個所に二重線を引いて捺印し、余白に修正内容をご記入下さい。

※100万円以上の寄附についてのご注意
文部科学省への申輔の際に、1件100万円以上の寄附については、
寄附者の寄附能力を証明する書類を様付しなければならないことになっております。
詳細につきましては、準備委員会へお問い合わせ下さい。
なお、寄付者の収入又は監査状況を明らかにする書類としては、
最新の納税証明書(所得金額が証明できる書類)等をご提出下さい。

 

2. 振込み手続きを行う(下記口座へお振込下さい)

 

3. 領収容を受け取る

事務局にて申込書及び振込みの確認ができましたら、領収書を発行します。
送付いたしますので、お手元に届きましたら、申込書と一緒に保存して下さい。
なお、非営利目的の領収書のため収入印紙は不要となっております。